2018年01月23日

今日は大学病院診察日です。

おはようございます。

今日は大学病院の診察日。毎度のごとく、始発電車に乗っています。

ちょい、激痛が治まるのが長引いたので、嫁を叩き起こし駅まで送ってもらいました。寒さのせいかなぁ?久しぶりに2時間苦しみました。まぁ、もう習慣化した朝の激痛。一生これを抱えて生きなければならないのは結構辛いものです。ってまぁ、仕方がないけどと割りきるしかなく。。。

昨日、会社で僕が毎日痛そうにしてるから、お偉いさんからどんな痛みなの?と聞かれ、朝一はナイフで刺されているような最大の激痛や血管の中にガラスが入ってるかのようなジリジリキリキリとした痛み、鈍痛、痺れ、パンパンに浮腫んだ痛み、などなどを説明していると、おまえ、大丈夫か???ちゃんと働けてるか?との心配を越えた、何と言うか、サラリーマンとしての資質と言えば大袈裟だけど、働いて給料をもらうという構図がちゃんとできてるのか?という意味に捉えてしまった僕。何だか力が抜けて、何も言い返しようがありませんでした。まぁ、会社側からしたら、いくら障害者雇用としても働けることを前提に採用してるだろうから、そう思われるのも仕方がないことですが。。。でも、僕は僕なりに必死で頑張ってるつもりなんですが。。。

直属の上司の意向で、周りに詳しいことを説明してないというのも問題なんだと思いますが、僕は僕の状態をみんなにわかってほしいっていう思いがあります。今のままでは何となく色んな誤解を生じているような気がして。。。難しいところです。

また、これを病院の主治医に言っても、なかなか本質が通じなくて、それもまた問題。とりあえず、仕事を行けてるやん!くらいにしか思われてないんだろうなぁ〜。。。

でも、診察時にはちゃんと説明をしているんですけどね。

主治医が変わってから、先日の大腸カメラと言い、何となく主治医のやる気のなさ?と言うか、適当な対応しかされてないように感じて、八方ふさがりです。

言い訳ではなく、本当に痛みを持って生活をするというのがどれだけ大変かを周囲にわかってほしい。。。そう思う今日この頃です。

やっぱりこれって言い訳なのかな???

まぁ、どちらにしても、今日の診察が僕の体と人生にとって実りある診察になることを願うばかりです。

っていうか、いぼ痔が治らない!Σ( ̄□ ̄;)
posted by toppixi at 05:58| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク