2017年05月15日

「ホンネ」と「タテマエ」

こんばんは。

今日も、一日が過ぎようとしています。

結構疲れたなぁ〜。。。

午前中は、かなりつらくて、脂汗をかきながら、仕事をしていました。しかも薬箱を忘れて、頓服も飲むことができず、それでもやらなければならない仕事。内容は別に難しくない、与えられたものをこなすだけの仕事。それでも、今朝の僕にとっては、かなりの重労働。

気を抜いて仕事をしていても、怒られたりするような職場ではないので助かっていますが、厳しい会社ならば、絶対に怒られるような感じで仕事をしていました。

痛いものは痛い。苦しいものは苦しい。本当はそう叫び、首や背中を動き回る痛みをえぐり取ってほしい!そんな気持ち・・・

でも、そんな事を言ってしまえば、何もできない。何もできなければ給料が出ない。給料が出なければ生活できない。生活できなければ、子供も道連れ。。。

結構、目に見える形でもがきながら仕事をしていたので、隣のおば様が心配して、しんどかったら帰っていいんよ。とは言うものの。。。今は、有給もない試用期間なので、もろに生活に響いてくる。。。

難しいところです。

「ホンネ」と「タテマエ」の間に挟まれながら、ある程度の常識の範囲ギリギリのところで休憩を取りながら、何とか午前を乗り切りました。昼休み、速攻、近くの薬局に気休めですが、ロキソニンSを買いに行きました。

ロキソニン関係はもう4年くらい飲んでいません。だからなのか、意外にも痛みが少し楽になったような気がしました。気持ちの問題なのか、効果なのかわかりませんが、まぁ、そんな感じで体をごまかしながら凌いだ1日でした。。。

ホンマ、しんどかったぁ〜。。。

まぁ、しゃーないね。病気なんだから・・・

ごまかしながらでも、動けるだけマシだよ。。。ホントに。。。

posted by toppixi at 23:32| 奈良 ☁| Comment(5) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トッピーさん、、、言葉がありません。もう、そんなに頑張んなくていいですよ。すごく、すごく、人生で一番頑張ってるのに、できていることは中学生以下。
よければ、一緒に死にませんか、、、一人では勇気がないので。
「足を引きずりながら、背中を右腕で支えながら、左手に杖を持ちながら・・・何とか通勤できています」もう、これ以上、頑張らないでください。国は、ミサイルじゃなくて、このような家族にお金を使ってください。
ぼくも、今日、4枚のレターを書き上げました。以前なら、2時間もあればできたことです。もう、辛くて、家事もできなくて、妻に、一日家で楽してるのに使えないといわれてしまいました。
Posted by ノア at 2017年05月16日 01:43
今、僕の一番の苦悩は週末の運動会です。周りは元気なお父さんで一杯です。隣は、毎年恒例の地元の社長さんです。仲良しでした。当時は、それでも、私のほうが高給だったので、ぼくも、こどもも、堂々としてられました。今では、僕だけでなく、子供まで卑屈になってます。向こうの息子は、最新のiphone です。僕は安物のスマホで、子供はなしです。お弁当なんか、見たくもありません。気を使って、どうぞなんて、くれるけど、乞食になった見たいに惨めです。
Posted by ノア at 2017年05月16日 01:49
自分は醜いです。心療内科の医師の言葉も、腹立たしく侮辱にしか感じられません。できることに感謝してくださいね、家で男が家事やったっていいんですから、ね。じゃ、てめーがやれよ。てめーが、痛みに苦しんで、家で寝てて、ほそばそと家事でもやれ。それで嬉しいんだろ、感謝しろ。あほか、感謝なんかできるか。なにに、感謝だよ。俺より酷い患者より良くて、それはそれは、ありがたいですね。
トッピーさんも辛いのに、外勤なだけ、僕なんかより、ずーっと辛いはずなのに。
ごめんなさい。諦めないで、頑張らないとですね。寿命まで、あと30年、痛みにたえて死ぬことから逃れないとですね。
腹を切り刻まれる夢で起きました。起きたら、激痛でした。
隣の社長は中卒です。
若いときに何もせず、親不孝をしてたに違いないです。僕は勉強づけで、大学院まで出ました。人生で、怠けた時間なんて一分もありません。なのに無職です。せめて、身体障害者になりたい。
Posted by ノア at 2017年05月16日 01:59
ほんと、ごめんなさい。人様のブログで醜く愚痴ってしまいました。
でも、本当に心配してます。ちょっと続かないような気がします。余計ですよね。ここは、実入りが少なくなりますが、午前中だけとかになさっては、どうですか。
がんばらないで、頑張ってくださいね。
痛みをえぐりたくなる気持ち分かります。
ケンシロウに、突いてほしいですね。
Posted by ノア at 2017年05月16日 02:04
ノアさん。ありがとう。コメントを読んでて、僕への有難いメッセージと共に、ノアさんの苦痛が痛いほど伝わってきましたよ。このブログで吐き出して良いんですよ。吐き出せば少しは楽になります。僕もそのつもりでブログを書いています。辛いときは、ここを使ってもらって全然構わないですよ。

ノアさんは、家族の理解と共に、医師の巡り合わせにかなり苦労されてるんだと思います。状況的には、生活実態にかなり苦しんでおられ、それが何かの救済処置に値してもおかしくないはず。それを直視しない医師は、絶対におかしい。あくまでも僕の意見です。

医師も去ることながら、都道府県によっても様々な条件が変わってきます。

例えば、僕の病気のひとつの線維筋痛症では、診断書を書く医師と書かない医師に別れます。また、指定難病でないと障害者手帳が取れない県もあります。そこは確かに不平等と言わざるを得ませんが、巡り合わせやタイミング。。。悔しいけどそれが現実です。また、それらの何かの公的救済措置を受けても、事実、それだけでは普通に生活していくのに限界があります。だから無理してまで、働かなければならない。そんな状況に追い込まれている患者さんは山ほどいます。

先程、駅である党の市議会議員さんが演説をしていました。高校、大学の無償化がどうのこうの。。。そりゃ素晴らしい考えです。でも、底辺で生きている人達に対する政策などひとつもありませんでした。まぁ、そりゃそうですよね。市や県、国からしてみれば、僕たちは国庫負担に反比例する形で生きているのですから。。。

こういう話は、なかなか重たい話ですが、でも、僕らみたいな、マイノリティ側の人間としては避けて通れない話です。

病気の治療、解決も大切ですが、本当は平等に生活をしていく権利があります。救うことが不平等になってる時代に、ノアさんの状況は更に医師との出会いの中で不平等のスパイラルに陥ってられるような気がしてます。

本当にお辛いですよね。せめて、身体障害と言うなれば、それを救ってくれる医師を探すしかないのが現実ですね。でも、病院回りもかなりされているようですし、僕もノアさんの状況を見る限り、本当に悔しい想いでいっぱいです。

そんな中で、死にたいけど生きる。死にたいって思ったことなど、僕もたくさんあります。死んだら楽になれる。。。

でも、やっぱりお子様は、お父さんを必要としているはずです。僕は死にたいって思ったとき、子供の寝顔を見て、ありがとう。って言うようにしています。普段はやんちゃくちゃ坊主で、怒ってばかりですが、寝顔は正直です。素直な澄んだ顔をしています。それを見ると、頑張って生きなきゃ!って言う思いが込み上げてきます。まぁ、そうとは言え、僕も死ぬ勇気なんてありませんからね(笑)

司法書士や議員、そして医師。。。人間ですから、僕らの事は100あるうちの1にしか過ぎないと思います。本当に世の中役立たずです。でも、100を100と見てくれる医師も必ずどこかにいると思います。

歯がゆいです。こんなに苦しい患者さんを目の前にして、こんなことしか言えない自分。どうにか助けてあげたいけど。。。

正直、僕も働かなくて良いなら働きたくないってのが本音です。でも、無理をしてでも働かざるを得ない。その落とし穴に落ちてしまったら、一生上ることができないのか???

ノアさんの人生と共に、そうした落とし穴に陥った仲間、そして自分。。。

なんとかしたいです。

いつも、ありがとうございます。
Posted by とっぴぃ at 2017年05月17日 08:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク