2017年02月15日

必死で生きてます!

ご無沙汰です。

まぁ、色々とありながら、僕は僕なりに頑張っているつもりです。「頑張ります」は、いらん。結果を出せ!と営業時代はよく言われたものですが、なかなか結果が出ないのも仕方がないことで。。。

って言うか、始めたばかりの就職活動。一昨日、ある企業に履歴書を送付しました。(一応、大阪ガスの時は固有名詞を出したけど、とりあえず、今後は固有名詞を出さないようにします。)

その1社のために、先週色々と履歴書、職務経歴書となるものを必死で作り上げ、月曜日に午前中はハローワークで3時間半、みっちり添削を行っていただき、午後からも支援事業所で更なる添削。非常にありがたいことです。

その出来上がった書類を郵便局に持っていき投函したのは、郵便局の営業終了前ギリギリでした。ハローワークで、紹介状を出してもらうのですが、そのときに、ハローワーク担当者から企業側に応募しますと電話連絡をしていただいた際に、突如、僕に代わってほしいということで、先方の人事担当者と電話でお話をさせて頂きました。内容は、具体的な障害内容、配慮事項、氏名、年齢、住所などの個人情報の聞き取り。一応、事務職希望なので、電話対応ができるかも見ておられていたのだと思います。まぁ、無難に対応できましたが。。。

先ずは、書類選考、それが通れば、面接日程打合せの電話がかかってくるようです。今のところ、かかってきてないですが。。。

そうは言っても、その1社だけで待ち構えているのも時間の無駄です。もちろん、その書類選考が受かるとは限らないので、同時進行で他の求人にも応募していきたいと思っています。数打ちゃ当たる!何とかなる!

その、応募書類を書くだけで、もう痛みと疲労でヘトヘトだったのですが、こんなんで働けるのかな?との不安もありつつ、でも、そんなところで止まってられない!との思いで必死で頑張っています。って、ヘトヘト状態の自分に酔いしれているのですが。。。(笑)

「頑張る!」

目標、目的、意気込みが有れば、その言葉も良い意味で使えるでしょう。だから、「頑張ります!」で良いんです!

そう自分に言い聞かせて、とにかく必死に生きていきたいと思います(*´∀`)ノ

posted by toppixi at 08:42| 奈良 ☁| Comment(6) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじまして
原因不明の内蔵痛に襲われてます。
もう、3年間寝たきりです。
48歳です。
せっかく永年続けてきた仕事を失ってしまいました。ようやくつかんだ地位も、信頼も、すべて失いました。今は、無職無収入で、妻の扶養に入ってます。
失業手当ももう少しで終わりです。
来月から、翻訳の仕事を始めようと思ってます。
でも、痛くて、痛くて、、、泣きたいです。
もう、死にたくて、死にたくて、、頭の中は絶望で一杯です。

痛みは苦しいです。病名もつかず、治療もままなりません。

子供が3人います。
育ててあげられない。ごめんね、、

こんなに苦しいなら、安楽死したい。そればかり考えてます。

頑張ってくださいね。私は、もうだめです。
Posted by ノア at 2017年04月11日 13:45
つづきです。

私は、翻訳の仕事を自宅でやろうと思います。でも、もらえて、月に10万円くらいだと思います。とても、一家5人が食べていける金額にはなりません。

家内に働いてもらって、なんとか、食べれるかどうかです。私は、痛みがきつく、自宅でも業務ができるかどうか分かりません。

ストレートに聞きますが、これから、どうやって食べていくのですか? 指定難病に認定されると、生活費が出たりするのですか。

もう、困り果てています。このままだと、本当に、一家で、最悪の選択しも考えなければなりません。
Posted by ノア at 2017年04月11日 19:02
ノアさん。初めまして。
悲痛な叫び、本当にありがとうございます。そして、その絶望感。。。すごくわかります。で、そこでもう一息、落ち着きましょう。

医療と制度の谷間で辛く苦しんでおられるのですね。。。

ノアさん。ノアさんの病状が今、僕にははっきりとわかりません。どこまでをこの場で話せば良いのかも気になるところです。

もしよければ、コメントを書き込むときに、メールアドレスを入れる欄があります。このアドレスは公開されず、僕にしかわかりません。

どこまで協力できるかは、正直何とも言えませんが、とにかく思いを吐き出してみませんか?

病気になると、一気に生活が変わってしまって、診察も治療もそして社会生活も何から何まで自主的な判断が必要になってきます。その判断で右に行くこともあり、左に行くこともあり、結果は誰にもわかりません。

自分自身、病人として生きていく覚悟とストーリーが必要になる時もあります。生きていく方法は、常に不安は付きまとうとは思いますが、必ずあると僕は信じています。僕もまだまだストーリーの途中です。結論やゴールなど、全く見えていません。

簡単に人の人生を動かす力は持っていませんし、何の助けができるとの約束をすることもできません。

とりあえず、一度、吐き出してほしいです。

コメント待ってます。
Posted by とっぴぃ at 2017年04月11日 22:25
お返事、ありがとうございます。
私は、鳩尾と背中が痛みます。
慢性膵炎が疑われたのですが、画像も血液も異常が出ません。異常がないと医師は手のつけようがなく、帰されます。今まで幾度となく、そんな扱いをされました。今では、もう、行くところがありません。
痛みは、動けなくなりうずくまるほどで、行動が著しく制限されます。それが、半日くらい続きます。ひどい日は、一日中です。

もう、死にたい。そればかりが頭をめぐります。私は、高額の生命保険に入っており、いまなら、子供たちが困らないくらい、保険がおります。自殺でも出ることは、確認しました。

痛みは、何をしても治まりません。どんな薬も無効でした。強力な麻薬もまったく効きません。もう、死ぬしかないんです。何とか、仕事が出来るよう先輩にも頼んで、来月から、自宅でも出来るように手配しました。でも、もう、自宅でも、業務はできそうにないです。

貯金を切り崩して生活してますが、もう、限界です。子供たちにこれ以上、不憫な思いはさせられません。一緒に死んでくれる人をネットで探そうと思ってます。限界です。きっと、神様も許してくれます。
Posted by ノア at 2017年04月12日 09:00
ノアさん。本当にご苦労様です。我々は、生きているだけで、頑張っている。僕は、そう思います。だからこれ以上無理する必要はありません。

でも、自ら命を絶つことは、お願いですから一息ついてほしい。残された子供たちは、お金よりお父さんの存在です。たとえ、無職無収入でも、お父さんの存在は絶対に必要です。

とは言え、お金が人生を左右することは否めません。まず問題は生活ですよね。そこまで思い詰めているのなら、一度精神科に行ってください。僕は医者ではないので何とも言えませんが、自殺願望を持った人は何かしらの精神的な病名がつくと思います。ノアさんの今の状況は、相当精神面で苦しんでおられていると思います。

何か、小さな小さな光が見えるかもしれませんよ。

取り合えず、メールしますね。
Posted by とっぴぃ at 2017年04月12日 12:41
ありがとうございます。
メール、お待ちします。

精神科ですが、行ってます。というか、いま、そこに入院中です。痛みの原因がわからないので、脳からきてるとか、、、。医者が匙を投げてるだけの気がしますが、精神病にされて、ぶちこまれてます。何の解決にもなりません。ただ、自殺をする凶器になるもの、例えばベルトなどを取り上げられて、鬱剤漬けになるだけです。

自殺願望は、将来の不安からではありません。もちろん、それも大きな不安要素ですが、とにかく、痛みです。もう、これ以上、痛みに耐えられません。繊維筋痛症もかなりいたいんですよね。わたしも、毎日、のたうち回るほど痛くて、もう、精神が壊れました。3年間一日も休みなく痛みにさいなまれてます。

こちらで愚痴を言っても、仕方ないですよね。男性のブロガーはあまりいないようですので。で、子供がいて、失職に追い込まれた。痛みに悩まされてる。とても、他人とは、思えず、コメントしてしまいました。でも、私より、ずーっと前向きで、敬服します。
Posted by ノア at 2017年04月12日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク