2017年05月16日

感情労働だって・・・

おはようございます。

朝の悶絶も、少し治まり、やっと動けるようになりました。1時間半くらいかかりましたが。。。まだ、相変わらず激痛で3時4時に目が覚めるのは、ずっと続いております。よく考えたら、こんな睡眠リズムでよく仕事ができてるなぁ〜。。。(笑)

まぁ、そんな事は置いといて・・・

昨日、Facebookの友達が上げていた記事の中に、「感情労働」って言葉が載っていました。読売新聞に掲載されていた言葉だったようですが、今の社会って結構我慢する事って多いですよね。普通に我慢するのではなくて、仕事において理不尽なことで、本当は叫びたいくらいに辛い事なのに、仕事だからと我慢をする。要は、クレーム対応や、ブラック企業など・・・感情を押し殺してまで、もう今の時代に全く合わない日本的資本主義根性論を暗黙の了解で強制され、我慢を強いられる。そのようなことが積み重なってストレスがたまっていく・・・みたいな。。。

そうです。まさしく過去の僕。クレームの嵐に襲われ、会社とお客さんの間に挟まって、もう身動きが取れなかった時代。。。僕と会社とお客様。もちろんそこには、上下関係が自然と築かれ、どちらに対しても、「申し訳ありません」「すみません」の言葉しか出てこなかった時代。今でもその後遺症を抱えながら生きてしまっています。

何かのテレビでやっていましたが、消費者へのサービスが過剰になり、今、それが行き詰まっている状態。そうです。ヤマト運輸の値上げの特集かなんかでやっていました。会社側は会社側で過剰サービス。客は客で間違ったバカらしい消費者意識。消費者本位資本主義?的な・・・でも、僕も気を付けなきゃ。。。以前も書きましたが、前職をやめてから、それまでのうっぷん晴らしじゃないけど、お店やお客様センターなどなど、結構クレーマーになっているかも???でも、僕の場合は理不尽なクレーマーではなくて、当たり前の話をしているつもりなんだけどと、正当化してしまってるけど。。。(笑)。でも、やっぱり気を付けよ。。。っと。。。

まぁ、そう考えると、働き方・ワークバランスなど絶対に考え直す時期なのかもしれません。

たぶんね。。。根性論を抜いても、世の中普通に回っていくような気がしています。ここでいう根性論は、理不尽なことに対する根性論ですね。普通にやらなければいけない時は、やらなければいけない。それが大前提です。何にもしない訳ではないですよ。

まぁ、その理不尽という境界線がどこにあるのかは、個人それぞれで違うと思いますが、自分の感情をどう持って行くか?その記事には、最終的にはストレス発散での解決結論としていましたが、僕は違うと思うなぁ・・・哲学的になっていきますが、社会の在り方だと思います。

僕は、今現在、体を考えたら、感情労働になるのかもしれません。でも考え方ひとつ。仕事は難しくはないので、そこに小さな喜びを常に作りながらやっています。例えば、ある入力作業で、今度は何分以内を目標にしよう!⇒達成できた!⇒楽しくなる!⇒もっと早くを目指そう!・・・みたいな、そんな単純な小さな目標。それが楽しいから仕事がとりあえずできてる感じ。何て言うのかなぁ〜?前を向くまでは行きませんが、そうして一つ一つに楽しみを見つけて仕事をしているので、体が痛くても、体のストレスを感じてもとりあえず、1ヶ月仕事に行けた。ってことかな?これをどこまで継続できるかはわかりませんが、体のストレスはそれで対処しながら、仕事のストレスはできるだけ感じないように工夫をしていきたいと思います。

まぁ、前職と職種が違うから、こんな能天気なことが言えるんだろうけど、やっぱりどうしても「感情労働」に陥ってしまう仕事も世の中にはたくさんあります。その世の中を変えるには一人一人の想いかな???そんな気がしてならないのです。生きている以上、ノンストレスはほぼ無理。それならどう楽しむかを考え、また会社や組織は、客に対する接し方を考えなおす時期が来ている。そんな気がします。。。が。。。皆さん、いかがでしょうか???

さぁ、5時半を過ぎました。とりあえず、お茶を沸かします。。。
posted by toppixi at 05:41| 奈良 | Comment(4) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク