2017年01月09日

ベーチェット病 陰部潰瘍(-_-;)

こんばんは。

やっぱり体力が落ちたり、疲れたりすると、ベーチェット病もうずいてきます。

まぁ、僕のベーチェット診断の決定打となった陰部潰瘍ですが、初めてできてから少し続いていましたが、その後、落ち着きを取り戻していました。しかし、ここ数ヶ月また出るようになり、昨日から少し痛いなぁ〜って感じがしていて、陰部潰瘍ができるかも?と思っていたら、案の定潰瘍が。。。

一応、ステロイドの塗り薬での対応なんですが、やっぱりパンツに擦れて痛いですよねぇ〜(@_@)って汚い話と思われる方もおられるかもしれませんが、初めて陰部潰瘍ができた人は、タダものじゃない!なんじゃこりゃ!とビビるかもしれないくらいのものです。

陰部潰瘍はベーチェット特有の症状ではありますが、診断のひとつの基準であって、それがすべてではありません。一応、ヘルペスと認識される方もおられるのかもしれませんが、僕の実体験では、どう見てもヘルペスと潰瘍では大違いなような気がしてなりません。

まぁ、口内炎はしょっちゅうできますが、陰部潰瘍となると、自分の中でも結構珍しい症状となります。そう言うときは、やっぱり口内炎も同時に発生しており、ベーチェットの活動期なのかな?とも思う今日この頃で。。。

でも、ベーチェットの皮膚症状もそれぞれで、陰部潰瘍が出ない方や、1回出てそれから出ない方もおられるなど、なかなか診断に困るものです。

僕の場合は、どちらかと言うと線維筋痛症の方に悩まされているので、ベーチェットが活動すると尚更線維筋痛症も酷くなる事もよくあるのですが、ここの因果関係もなかなかわからずじまいで。。。医学的には、ベーチェット病と線維筋痛症は関係ないと言われていますが、僕自身は絶対に関係している!と思っています。(ってブログ書き始めの頃はよくこういう事を書いていました。最近は、痛い・苦しい・しんどいが多いけど(笑))

ちょい、年末の精神的不安から、体力低下、生活リズムの変化などなど、体がしんどがっているのかもしれません。

明日は、大学病院での現在の状況確認の診察・問診があります。今回の陰部潰瘍を見せることになるのかな???割り切っていると言っても、やはり見せるのは恥ずかしいものです(;´∀`)

まぁ、そんな感じで。。。

おやすみなさい。。。
posted by toppixi at 23:16| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働けなくなった人が「もらえるお金」

こんにちは。昨日から今朝も酷かった(+o+)

雨だったからかなぁ〜?と今更原因を探っても、どうすることもできないことには、悩まない!って常に悩んでますが・・・今朝は、肩の前から首にかけてと、背中・腰・足。。。要は全身ですね・・・刺されるような痛みやら、重荷を背負っている鈍痛や、つりそうになるふくらはぎから股関節、そして全身のむくみ。。。いやぁ〜きつかった。。。


ってなことで、明日からは子供の学校も始まり、本格的に3学期が始動します。今日は、嫁と子供が新学期の準備で色鉛筆やのりなどの補充のために買い物に行っています。

そして、僕は家で、ボケーッとテレビを。。。そして、暇つぶしのネットサーフィン。。。

ヤフーや楽天などなど色んなニュースは同じようなものが多いのですが、その中で一つ気になる記事を見つけました。

ファイナンシャルプランナーの井戸 美枝さんって方が執筆されている「ズボラなひとのための確定拠出年金入門」って本を紹介している記事を見つけました。一応、そのニュースの題として「1分で理解 働けなくなった人が『もらえるお金』」と題して、会社員の長期療養や、健常者の方々へのメッセージだと思うのですが、就業不能保険の事などが記載されています。

一応、ニュース目的としてこのアドレスを貼付けておきますね。⇒http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170109-00021078-president-bus_all

僕、今になってこうした事を悔やんでます。今、働けなくなった場合の収入をサポートする保険が良くCMで出ています。これらの保険にちゃんと入っておけば、苦労しなくて済んだのに。。。

元気な時は、まさかこんな状態になるなんて思いもしないし、掛け捨てより個人年金などに目が行ってしまいがちで、若いころは、掛け捨てなんかせいぜい入院給付くらいにしか思っていませんでした。死亡保障は遠い先。そんな感じでした。

でも、今になって後悔しますが、ちゃんと収入保障に入っておけば良かったと。。。

まぁ、たぶんこの「確定拠出年金入門」には、そんな事も書いてあると思うのですが、障害年金や傷病手当共々紹介されていると思うので、もし何らかの病気の疑いの診断がついていない前にこうした情報を持ち、そして真剣に色んな知識を考えることが大切だと思います。まぁ、自分は健康には自信がある!って思われている人でも、知っておくに越したことはないと思いますよ。

別に、この本を宣伝している訳ではありませんし余計なお世話ではありますが、働けなくなったときにどうなるんだろう?と少しは頭の片隅に入れられたらいいと思います。

まぁ、ホント余計なお世話だけど(笑)
posted by toppixi at 16:59| 奈良 ☔| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク