2016年08月09日

くすぶり続けるベーチェット病。線維筋痛症はダメだこりゃ(+o+)。

こんばんは。

今日は、大学病院の診察日。

朝、痛みで3時過ぎに起き、そして悶え終わってから準備をし、始発で大学病院まで行きました。着いたのは、ちょうど7時。それでも72番。と言っても、早いからと言って、予約順番があるので、早く診察が終わるという訳でもないようで。3年半通っていて、今更なんじゃそりゃ(-_-;)でも、遅くいくと逆に順番がどんどんズレて行くので、早めに越したことはないのですが。。。どちらにしても、早起きは三文の徳と昔から言うものの、僕には関係ないようで。。。

で、さっそく血液検査の結果ですが、やっぱり炎症反応はH値。体のあちらこちらでくすぶり続けているようです。また、リュウマトレックスによる免疫の抑制は効いてないようです。それどころか、主治医から、ステロイドを増やさないといけないかも(-_-)/~~~と。。。もう嫌だぁ〜!せっかく頑張って減らしているのにぃ〜( ;∀;)まぁ、来月の診察時にもう一度結果を見て考えることになりました。でも、医学的なことはよくわからないのですが、ステロイドとリュウマトレックスで免疫機能を下げて、そしてベーチェットではなく、風邪とかひいて炎症反応が上がるってことないのかなぁ〜?何だか矛盾しているような???気が。。。まぁ、どちらにしても、僕のステロイドのデッドラインが5mgと思っているので、今が6mgで、まぁ、何と言うか微妙なところですね。

でも、症状としては、鼻の上に毛嚢炎、足にちょっとした紅斑、そして疲労困憊。ちょい、ひざの関節が痛いか痛くないかってくらいなので、大丈夫っちゃ大丈夫なんですが、でも薬を飲んでるから大丈夫な訳で。。。

それと、もっと厄介な線維筋痛症。一応今は、その大学病院の膠原病科とペインに通っているんですが、今まではトラムセット、リリカ、セレコックスと痛み系の薬も含めて全部膠原病科からもらっていたのですが、今回から痛み系の薬はペインで管理してもらう事になりました。僕は、後々ややこしくなってほしくないので、膠原病科で一括管理をしてほしいのですが、前からずっと薬の移管の話を言われていて、今回、仕方なく了解したって感じです。で、まずはトラムセットを今、朝2・昼1・夕0・寝る前1で飲んでいるのを、ワントラムと言うもので、トラムセットの一日分をカバーする薬です。朝1錠になるのかな?はっきり見てないからわかりませんが、とりあえずワントラムへ変更。そして、強敵リリカを75mg錠を朝3・寝る前3を朝2・寝る前2に減らすことになりました。ペインの先生から言わすと、たぶんリリカはそこまで効いてないだろうとの話。2か月前にリリカを朝1錠に減らしてから体調がさらに悪化したので、減らすのは心配だけど。。。まぁ、何をしても痛みが消えることなんてありえない!(@_@)みたいな・・・

どうなんだろう?もう、とにかく、陰と陽と言うか、ベーチェット病と線維筋痛症との関係が僕の体の中でどうなっているのかがわからなければ、ずっとこのままなような気がしてきました。まぁ、仕方がないけど。。。原因不明なんだから。。。

兎に角、通院も一日仕事なので、それこそ疲労困憊状態。。。帰りの薬局で、前から飲んでいるレバコールと言う栄養ドリンクがここ数ヶ月お金がなかったから買っていなかったので、久しぶりに250mlを2本買いました。これで少しは疲労も回復できるかな???いや、僕の体は、そんなに甘いもんじゃない!(笑)


posted by toppixi at 18:57| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク