2016年08月26日

世界仰天ニュースの線維筋痛症、YouTubeで見ました。

おはようございます。

今日も、午前4時起き。今日は酷かった(+o+)やっと普通に歩けるように。。。

まぁ、ノンストレスの世界なんか、ありゃしないけど、自分や周囲の環境、そして気候等々、すべてがあやとりのように入り乱れて、大きなストレスになっているような、何だか煮え切らない状態が続いているんだろうなぁ〜って気がします。まぁ、簡単に言うと、充実感がない・自分の存在価値が見いだせない。。。みたいな・・・

昨日、YouTubeで世界仰天ニュースの線維筋痛症の部分を見ました。(これ、YouTubeって完全な著作権違反だ!(笑)って、そんな事は置いといて・・・)病としては、死には至らないが、死者も多い・・・そのほとんどが自殺。。。

たかが痛みで自殺って。。。って思うかもしれませんが、僕は周りにそう言う人を見てきたし、あっ!見てきたというか、SNS関係でのつながりですが。。。実際、死んだ人も直接ではないけれど、話に聞いたこともあります。だからと言って、それを美化するわけではなく、要は、それだけ苦しく悲しい病気なのです。いや、他の病気と比べている訳ではありませんよ。線維筋痛症の実態として、悲惨な病気であると言いたいだけ。まぁ、ネットにも色々載っていますが、まぁ、一応某放送局と言う事にしておきますが、その放送局のアナウンサーもこの痛みで自殺をされました。

その痛みから、睡眠障害やうつ病などが併発するってな内容もありましたが、まぁ、正直、毎日全身に痛みを感じているとそう言う状態になるのも当たり前と言うか、仕方がないというか。。。実際僕もベーチェットと合わせて、色んな症状が一気に噴き出したので、不安と落ち込みからうつになったのも事実ですからね。

痛みの種類はそれぞれ人によって感じ方はまちまちですが、出演者の患者の方が、血管にガラス破片が混ざっているようなジリジリ・チクチクとした感じ的なことを言われていましたが、まさに僕の痛みの1種はそんな感じ。このブログを始めた頃に、よくそんな表現を書いていた記憶がありますが、血管にガラス片なんて、健常者の方はイメージもつかないと思います。その他に、電気ウナギが体中をにょろにょろ動いているとか、ナイフでめった刺しされてるとか、凝り固まった筋肉を手でえぐり取りたいとか・・・

その世界仰天ニュースで視聴者の方々にどれだけ伝わったかはわかりませんが、日本の医療を駆使しても治らない病気で、やっとここ最近知名度も上がってきたものの、学校・会社・さらに家族・・・理解してもらえない悲惨な病気です。まぁ、痛みを人に伝えることは、非常に難しいものです。。。

200万人と言われていましたが、これは線維筋痛症であろうと推定した疫学的統計の下、算出された数字で、実際には、疼痛と言う観点から見たら、もっと数字は増えるであろうと言われています。と言う事は、他人事ではない!って事です。この200万人だけを考えても、約50人に1人の病気。その病気の名前の知名度がまだまだないのですから、考えたら恐ろしい事だと思います。

「他人事ではない!」

もう一度、この意味を理解して頂き、これ以上線維筋痛症患者が増えないことを願っています。

また、慢性化になっていない状態、すなわち早期発見・早期治療でこの病気は治ります。。。(って素人の一患者である僕が言いきれる知識はないのだけど・・・(*´Д`))
posted by toppixi at 11:02| 奈良 ☁| Comment(2) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク