2016年06月08日

懐かしい、線維筋痛症患者さん。。。

こんばんは。

今日は、精神科の通院日でした。天気が良くて気持ち良かったのですが、今朝は4時に目が覚めて、毎度の苦痛を味わいながら、起床し、7時半に家を出ました。8時半過ぎに病院について、待合室で診察が始まるのを待っていましたが、それでも4番目。。。大学病院にしても、この精神科のクリニックにしても皆さん、早いなぁ〜(笑)

まぁ、僕は、どちらかというと、一日の時間を考えて、早く診察を受けて、早く帰りたい!って方なので、待つ時間がもったいない!って思い、できるだけ早く行くようにしているのですが、その日の痛みと疲労感でやっぱり、時間が読めないこともしばしば・・・今日の精神科のクリニックなら、個人病院なので、待つといっても数人だけど、大学病院は、1本電車を乗り遅れてしまえば、倍々に待ち時間が増えてしまうので、結構必死に通ってます(笑)奈良から京都までだから、まぁ、そこそこ時間もかかるし。。。

で、今日の精神科では、先日の救急車事件で、奈良県内の病院探しで救急隊の人があちこち電話をしてくれたけど、受け入れ拒否され、30分以上も待たされた話を先生にしました。まぁ、受け入れ拒否の理由がわからないので何とも言えませんが、先生は僕の愚痴をちゃんと聞いてくれました。何だかなぁ〜?一応、精神科では抗うつ薬や安定剤等々を処方してもらっているのですが、いつも僕の愚痴を聞いてもらっている場になってます(笑)

今日も、お薬の量は変わらず、トリプタノール、ランドセン、デジレルと。。。僕の生活リズムの中で、今は欠かせない薬かな?

って、話は、前置きなんですが、前置きが長くてすみません。。。

昨日、数年前に付き合いのあった線維筋痛症の女性患者さん2人から久しぶりに電話がかかってきました。全く関係のない二人です。一人は中国地方の日本海側の人。一人は東海の人。。。

二人とも久しぶりに元気かなぁ〜?って思ってかけたと。。。

まぁ、一人はフェイドアウト型、一人は喧嘩別れのような感じで付き合いがなくなったんだけど、久しぶりに声を聴くと、その当時の事を色々思い出したりして。。。

でも、症状は一向に良くならず、身心、そして経済的にも苦しんでいて、今から考えるとSOSだったのかなぁ〜?とも思ったり。。。まぁ、でも、この病気は、分かり合える人と話すだけでも精神的苦痛が違ってくるから、それだけで良いのかな?とも思います。昔なら僕も、かなりそこに入り込み、変な意味じゃなくて、この人のために!みたいな行動も起こしていたかもしれないけど、今はできないし、しない方が良い。

あるお医者さんが言っていました。こうした理解されにくい、孤独な病気は、自分の居場所を探りながらコミュニティーに参加し、そこが居心地がいいため、なかなか抜け出せない人が多いと。。。わからないでもないなぁ〜。。。自分がまさしくそうだし。。。

でも、昔話に花も咲き、お互い一線を踏み入れることもなく、懐かしみながら、さようならをしました。それでよかったと思います。まぁ、心配ではあるけれど。。。


やっぱり、みんな苦しんでるなぁ〜。。。病気は非情。でも、そこから這い上がらなきゃ!って自分に言い聞かす・・・

posted by toppixi at 23:12| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク