2016年06月06日

過去にお世話になった県議会議員さんにたまたまお会いしました。

こんばんは。

今日も、何かと忙しくしております。

今日は、午前中は散歩に明け暮れ、近くのイオンまでバスで行き、安い服を探しに行ったのですが、僕の感覚で、まだ高い!ってなわけで、後日しまむらに行こうかと思っています。そして、子供の服もついでに・・・

で、11時に家を出て、休み休み行きながら、帰ってきたのは午後3時。ちょうど子供が帰ってくる時間です。結局、イオンでは何も買わずで・・・

で、今度は、子供の公文。公文は近くにあるのですが、1本ちょい車が頻繁に通る道を超えなければならないので、だいたい、見送って、近くのセブンイレブンで休憩し、終わればまた一緒に帰るってな感じだったのですが、そろそろ一人で自転車で行かそうと思い、家で見送った後、ちょっとしてから外に出て、そしてセブンイレブンに直行。

公文は、入退室がメールで送られてくるので、メールが来たら公文の方向へ行き、子供が出てくるのを待ちました。そして出てきて、子供が、お父さん!何でいるの!?と。。。

で、子供は自転車だったので、先に帰らせ、僕は歩いてとことこと。。。今日は歩きすぎているせいか、疲労満開。。。でも歩かなくては!と思っていたら、過去に病気の陳情等でお世話になった、ある党の県議会議員さんと会いました。その方は、僕の事を覚えて頂いたようで、先方からこんにちは!と声をかけてくださいました。

現状の話をし、今はハローワークに通い始めたことを話すと、すごく心配してくださったような感じでした。

それだけでも、僕にとっては、すごくありがたい事です。理解されない病気が、ちゃんと話を聞いて下さるのですから・・・

まぁ、少し立ち話をしただけですが、なんとなく、ほっこりした感じです。

人のつながりは大切だなぁ〜。。。って、病気になってから幾人、繋がったと思えば、離れちゃったことか!?(笑)僕、トラブルメーカーですから(;´∀`)
posted by toppixi at 18:31| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

置き去りにされた・・・大和君。。。

おはようございます。

ワイドショーやニュース等々で、大和君関連の話題が大変多い中、子を持つ親として、色々考えさせられますね。。。

お子さんをお持ちの皆様は、どうですか?どう感じましたか?

まずは、何はともあれ、大和君が無事に発見されたことは、本当に喜ばしい事で、良かったなと。。。心からそう思います。また、虫が大嫌いって言うのは、うちの子も同じで・・・そんな中、あの自衛隊の小屋にたどり着いたのは、ものすごい恐怖心と、小屋に着いた安堵感、そして何より、135時間ぶりの食事と言う事で、災害の壁である72時間をはるかに超えた状態で、元気に発見された大和君事態の強い心。。。我が子に照らし合わせながら、色んな事を考えさせられました。

どちらかというと、大和君のお父さんは、普段はあんまり怒らないそうですが、車に石を投げたり、言う事を聞かなかった罰として、ここぞとばかりにお父さんの威厳を見せられたのでしょう。躾というのは、普段から何故こうしなければならないのか?何故これをしてはいけないのか。。。やっぱり普段からのコミュニケーションが必要なんだと思います。大和君は、そうした事が理解できていなかったのでしょう。

って、言う意見も多いし、これを心理的虐待と言う事で、刑事告発っていう事も出てきています。

何しろ、目立っている表現が「置き去りにした」・・・

そうした意見を否定するつもりはないけど、怒って育てる・褒めて育てる。。。両方持ち合わせて初めて躾になるんじゃないかな?そこで、もう一つ問題は、怒ると叱る。。。この差も本来親として、考えなければいけませんね。

昨日、子供に、大和君の話をし、子供の口から、「お父さんもやりそう・・・」って言われました。

僕、結構子供に怒ってしまいます。それは宿題をしろ!ってな内容で。

★子供に怒る事

@宿題をしなさい

A歯を磨きなさい・ちゃんと磨きなさい

B鉛筆をちゃんと持ちなさい

Cお箸をちゃんと持ちなさい

D公共の場で静かにしなさい(電車・バスなど)

Eスマホ・ゲームばかりするな(移動中のスマホも含む)

Fごみをちゃんと捨てなさい

G片づけをしなさい

H



僕は、毎日毎日同じことで、結構、ガミガミ怒ってしまう方です。病気になってからは、ほぼ僕が子供と触れているのですが、もう9歳。過去の躾の仕方が悪かったと反省しています。でも、外ではちゃんとしていて、真面目と小学校の先生は言っていましたが、家ではハチャメチャで。。。

頭の片隅に怒りすぎてはいけないというのはあるのですが、どうしても感情が優先されてしまいます。怒れば怒るほど、子供の感情が変化していっている事に気付いてはいるのですが、親のエゴ?僕の自己中?のような感じで、どうしてもストップできないのです。だから、心理的虐待と言われれば、僕も当てはまるのかな?とも思い。。。そして時には、そしてその怒りの感情がヒートアップし、手が出てしまう事もしばしば。。。但し、絶対お尻です。そこは一応自分の中では守っているところなんですが。。。

でも、それでも我が子です。可愛くない訳がない。愛情がない訳がない。毎晩子供の寝顔を見ながら、ごめんね。ありがとう。。。って。。。

今の時代の子育ても、本当に難しいですね。。。ひょっとしたら、近所の方が、児童相談所へ通報している可能性もあるなぁ〜。。。昔は・・・なんていう話はしませんが、その躾と虐待の境界線がわからない親って意外に多いんじゃないかなぁ〜?僕のように。。。

まぁ、今回の大和君のお父さん。一概に責められないような気がします。責めている人は、じゃあ、ご自身はどんな教育をされているのですか?と逆に聞きたいくらいで。。。

子供の教育は、3歳までに人格形成がされ、その流れで育っていくって言う事を聞いたことがありますが、まぁ、その3歳のライン以降で軌道修正をしてあげるのが、親の役目ですよね。その軌道修正のやり方の問題でよね。。。

一概に責められない。でも、教訓にしなければならない。

ちょい、子育てに対して、自分の心の整理が必要かな?

テレビで、ドキュメントのように放送され続けていますが、まぁ、視聴率稼ぎは置いといて、ちゃんと子供と向き合わなければ!

大和君の写真を見て、我が子と照らし合わせながら、そんな事を考えてました。

子は鎹(かすがい)。。。子供が生まれてきてくれたことに、改めて感謝しないと。。。

posted by toppixi at 10:42| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク