2016年02月03日

線維筋痛症患者さんより。。。あ〜。。。そう言えば。。。

一応ね。。。僕も患者なわけで。。。

今日、夕方、一人の女性からスマホに電話がありました。ネットで僕の電話番号を見つけたとのこと。。。

あ〜。。。そう言えば。。。

1年半ほど前に、ボランティア団体としてある組織に登録し、その代表者番号、僕のスマホにしてたっけ。。。

まぁ、別に、登録していることも構わないし、患者さんからの相談でかかってきても構わない。

その女性は、苦しい心境を話され、私は線維筋痛症かも?と思って、電話しました。と言われた。不安な気持ちを誰かにぶつけたい、聞いてほしい。。。すっごくわかります。20年前くらいに交通事故で、体に衝撃を与えてしまって、それから痛みが始まり、そして、10年慢性の痛みと戦っているってな感じでした。。。今は、精神科での安定剤や抗うつ薬、睡眠薬などを服用し、痛みに関する薬は基本的には飲んでいなくて、でも、今まで、線維筋痛症という病気をほとんど聞いたこともなく、医師からも言われてなく。。。

ネットやフェイスブックで探しまくったら、僕が過去に入っていた団体や僕の名前で登録しているサイトなどを見つけて、説明に書いてあることなどが、私の症状とそっくりということで、僕に電話をしてきてくれたようです。

これって、ある意味、異常って思いませんか?20年前の交通事故の影響で、たぶん今までいろんな病院や医師に会われて、自己の症状をその都度説明されていたと思います。それで、何故、線維筋痛症や脳脊髄液減少症などの病名の疑いでも良いから出なかったのか?

その女性は、ここ最近になり、抗うつ剤等を飲み始められたようで、初めの1か月はそれで痛みがひいたが、1か月を過ぎたころからまた痛みだして、また元通りの痛みが発生したといわれていました。

完全に慢性化しておられるようです。

まぁ、そのボランティア団体では、早期発見・早期治療での投薬で改善する可能性があるということで、病名の周知活動をやってきました。今も多分、そうした呼びかけをしているとは思いますが、でも、何で今まで会った医師の口から、その女性に対し、線維筋痛症や脳脊髄液減少症などの名前が出なかったのか?疑問とともに、苛立ちを覚えます。

まぁ、その方は、病名を確定してほしいのではなく、痛みを何とかしてほしいとは言われていましたが、残念ながら今は対症療法しかありませんねと話をすると、やっぱりそうですか・・・と沈み気味に。。。

そこで、うちの家のチャイムがピーンポーンとなったので、そこでいったん電話を切り、もし困ったことがあったら電話しますとのことで、電話を終えました。。。

っていうか、清原・・・覚せい剤でつかまりましたね。。。

もう、寝よう。。。おやすみなさい。。。
posted by toppixi at 00:45| 奈良 ☁| Comment(7) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク