2015年10月26日

軽度外傷性脳損傷仲間の会 秋の会

みなさん。こんにちは!

昨日は、軽度外傷性脳損傷仲間の会の代表の方からお誘いを受け、子供と二人で、その会の秋の会(交流会)に参加してきました。

そもそも軽度外傷性脳損傷とは、事故などの衝撃により、脳が傷がつき、手のしびれや痛み・手足に力が入らない・においや味がわからない・目の見え方や耳が聞こえなくなるなどの症状がでて、意識を失うてんかん発作や記憶力・集中力の低下・情緒不安定などの「高次脳機能障害」として残ることが多いようです。

その診断は、画像検査ではそうした異常が写りにくく、診断確定に至るまで相当な時間がかかることも稀ではないようです。

また、仕事中の事故として、労災確定が下りるのも難しいようで、裁判で争うケースもあるそうです。

診断確定に至るまで難しいというのは、僕たちの線維筋痛症とよく似ており、また症状としても同じような症状が発生するようです。また、彼らは難病としての扱いではなく、労災認定をしてほしいということで戦われているようです。


昨日は、その患者さんももちろん参加されていましたが、やはり話として出るのは、症状経過、薬の話、病院の話。。。よく似た薬を飲んでおられ、僕としてもすごく入り込め安く、楽しい時間を過ごさせていただきました。

まず、料理は、元辻学園教授の藤本喜寛先生とスタッフの皆さんで、作られて、バーベキューなのに、バーベキューで食べるのは勿体ないほどの、料理がずらりと並びました。もちろんその中で、焼き肉も出て、とんでもなくおいしかったです。
子供も、バーベキューが初めてで、また、来られた方の中には、子供も連れてこられていたので、僕の子供と一緒に楽しそうに遊んでいました。

子供が、「バーベキューまたしたい」と帰り途中に言っていたので、よほど楽しかったんだろうなと思います。

自分たちでやるときは、そんな料理はもちろんできませんが・・・

そして、この秋の会のイベントとして、「自由に飛び回ろうSORA」という事をテーマに紙飛行機を各自作って、飛距離の競争もしました。紙飛行機なんて、何年ぶりだろう???あっ、まぁ、子供の折り紙では作ったことがあったなぁ〜。自分も自分なりに思い出しながら作り、うちの子供は、一緒に遊んでた女の子に教えてもらいながら作り。。。

さぁ〜!飛ばしましょう!!!

なんと!うちの子供が一番でした。。。ほぼ作ってもらってたのに・・・"(-""-)"

ってなわけで、景品をもらい、喜ぶ子供の姿を見ると、なんとなくホッっとした感じ。。。連れてきてよかったなぁ〜。。。

帰り道は、ある女性患者さんと一緒に帰ったのですが、話していると、やはり制度関係の悩み、日常生活の悩み、そして収入の悩み・・・あ〜、結局僕らと一緒だなぁ〜と思いました。年金ももらわれていますが、それだけでの生活は無理とのことで、記憶や言語の理解、そして話など、聞いていると、全く共感というか、やっぱりそうだよなぁ〜。と。。。

まぁ、そんな感じで、楽しく過ごせた時間と、お互いの苦しみや悩みなどが共感できたことで、また新たな出会いに感謝です。

たまにはこうして、違う病気の患者さんと話すのも必要なんだと思いました。

こうした貴重な時間をいただきました、仲間の会の代表にも感謝です。

本当にありがとうございました。そして、共に乗りきりましょうね!!!

ただ、おなかがぁ〜〜〜(;^ω^)

DSC_0398.JPG
DSC_0399.JPG
DSC_0400.JPG
DSC_0401.JPG
DSC_0402.JPG
DSC_0396.JPG
DSC_0392.JPG
DSC_0403.JPG
DSC_0387.JPG
posted by toppixi at 13:20| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク