2015年10月24日

目のカスミ

みなさん。こんばんは。

寒暖の差もかなり出てきています。体調の方、大丈夫でしょうか?
僕は、アレルギー鼻炎を持っていまして、学生の頃に鼻中隔湾曲症と言って、鼻の軟骨が骨の成長によって曲がってしまい、通り道が狭くなります。そうなると、鼻の粘膜に炎症が起こってしまい、ハウスダスト等のアレルギーも混ざりながら、鼻が詰まったり、鼻水が止まらなくなったり、目が痒くなったり。。。

小学生の6年生あたりからおかしくなり、その後中学生の頃は、毎日耳鼻科に通っていました。それでも全く良くならず、ただ単に鼻の中を掃除するだけで、鼻に薬を入れた2〜3時間後にはまた、元通りになります。
鼻が詰まりだすと、授業なんか集中できず、ずっとしんどかった思い出があります。

そして、硝酸銀か何かは忘れましたが、そうした薬で鼻の粘膜を焼き取り、新しい粘膜にすることによって、アレルギーを抑える手術的なもの。そして、同じような原理でレーザーで焼く手術。それでも、鼻の通り道が狭くなっているのだから、結局数か月後には元通りで、本当に苦しい学生生活を送りました。

今の虚弱と言えるかわかりませんが、薬もずっと飲んでいたので、ひょっとしたら、その時から膠原病など、こうした事が起こる要因になっていたんでしょうかね?直接は関係ないとしても、間接的に関係ありのような。。。

そして、ちょうど20歳頃に、もう我慢できないということで、その原因の鼻の軟骨を削る手術をしました。鼻中隔湾曲症の手術は、それ以前は、上の歯の歯茎の前からその鼻のヵ所まで切り裂いて、そしてその軟骨を削るといった形が多かったようですが、ちょうど20年前頃ですが、その頃は、すでにメスの先かな???はっきり見てはいないのですが、カメラが付いていて、普通に鼻の穴からメスを入れ、ペンチのようなもので砕き割いていくような形の手術でした。局部麻酔だったんですが、もう、削っている時に目は隠されているものの、削ってる感覚と砕いていく感覚を感じ、すごく怖かったです。でも、そのおかげではるかに鼻炎はよくなったんですが、でも今でも、寒いときや疲れたとき、汚れが酷い所にいる時などは、鼻が詰まってしまいます。風邪の時も未だに鼻から来ますね。。。

でも、その症状も幸か不幸か、ステロイドのおかげで炎症も和らいでいるので、ホントに不幸中の幸いというか。。。

で、ステロイドを減らすたびに、また鼻詰まりが少しずつ発生する事もあり、欲張りなことに、ステロイドを減らしたいくせに、鼻詰まりのために減らしたくないと。。。ホントわがままです(;´∀`)

まぁ、そんな感じもあり、ステロイドを飲み始めてから、朝晩、目がかすんで真っ白になる事が多いのは以前からこのブログにも書いていましたが、ここ数ヶ月だいぶ治まっていましたが、また出始めました。

先日のリハビリの問診の時のお医者さんは、夜は、光が入りやすいように瞳孔が開く。逆に昼間は、瞳孔が夜より狭くなる。だから、夜にかすむのは、何か問題があるはずとおっしゃいました。一応、大学病院の診察では、目の炎症もなくカスミ目は乾燥から来ているとの診断で、これまた、医者の意見が割れてしまったぁ〜ってな感じで。。。

ベーチェットの症状なのか、ステロイドの副作用なのか、乾燥なのか、生理現象なのか???

パソコンやスマホなどを見ていることも原因の一つなんだろうけど、いったい何がこの現象を起こしているのかはっきりできないかなぁ〜?と思ってしまいました。

この記事を書く前あたりからちょうどかすみだしていますが、まだ、大丈夫です。これからが深くなっていくのかこのままで落ち着くのかはこれまた、その日その日で違ってくるので、やはり疲れ目や湿度などの条件も否定できない気はします。

一昔前のベーチェット病は、それこそ原因も対症療法も、もちろん根治も確立されてませんでしたから、失明に向かう方が多かったようですが、今では目症状はだいぶ少なくなってきていると聞いています。

この目のカスミがベーチェットによるものでないと思いたいのですが。。。
それと、ステロイドの副作用での白内障・緑内障も。。。

明日は、ある病気の患者・家族会のイベントにお誘いがかかりましたので、子供と行ってくる予定です。

思う存分、楽しんできたいと思います!
posted by toppixi at 22:12| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベーチェット病友の会京都からのお知らせ 秋のハイキングの ご案内

以下、ベーチェット病友の会京都からのお知らせです。


空青く風さわやかな季節に なりましたが会員の皆様体調はいかがですか?気にかかっております ご自愛くださいませ。

今年は 高瀬川にこだわって木屋町二条周辺の戦国 江戸 明治平成時代までの永い時空間を

ギュウとつまった濃厚な京都にどっぷりと漬かってみませんか。手引きボランティアも用意しております。


 多数の方の参加をお待ちしています。


             記


行き先 木屋町二条周辺


日時 205年11月2 2日(日)午前10時


集合場所地下鉄 京都市役所前駅改札口


会費 1600円 (昼食を含む)  


解散   午後3時 地下鉄市役所前解散


申し込み先は


075−221−8640 曽根まで


118日までに申込み下さい。

posted by toppixi at 21:13| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク