2015年04月13日

良い天気です!

おはようございます。

今日は、むちゃくちゃ良い天気ですね。このまま春になってくれればうれしいのですが、来週は寒いと天気予報で言ってました。

まぁ、天気が良いと杖突きの僕としては、ホッとする訳で。。。杖を持って傘をさすと両手が必要で握力が弱っている僕にはかなりの重労働になってしまいます。

そんな訳で、良い天気なので、先ほど少し散歩をしてきました。このブログをずっと読んでくださっている方なら、ご存知かも知れませんが、近くの競輪場までの散歩です。距離にして500mくらいかな。。。でも、それが休憩をしながらいくので、30分くらいかかってしまいます。往復で1時間。。。まぁ、休憩を挟んでいるので、どうかなぁ〜?歩くのはたぶん皆さんの2倍くらい時間がかかっていると思います。

まぁ、そんな事をしながら日常を送っている訳ですが、術後の全身の痛みも少し落ち着いたようで、普通の痛さより少し痛いかな???って感じです。今、パソコンで打っているのですが、もうこれだけの文章で背中が限界です。。。

ちょっと休憩。。。

まぁ、今日は、何気ない僕の雰囲気を伝えたかったのですが、まとまりの無い文章になってしまいました。。。すみません。


そう!それらは置いといて。。。

最近、また同病や違う病名だけど、同じような症状に苦しむ人達と直接会ったり、メール等でやり取りしているのですが、皆さん本当に心底悩まれています。それは、医療費が負担をかけ、また、収入も働けないというところで、すごく悩まれています。障害者年金や生活保護、そしてこの四月から始まる生活困窮者支援など様々な制度を利用したとしても、全く足りない。そんな感じです。やっぱり皆さん共通して総まとめの悩みは、お金なんですね。

でも、最近はパソコンやタブレット、スマホといったネットでの仕事を利用している方もおられ、最終的にはそうした在宅ワークが、働けない障害者や難病患者のワークスタイルになるような気がしています。

生きるためには、生活の為には、できる事を自分のペースで決して無理をせず、進めていこうとアドバイスをしていますが、ネット環境がない方もおられるので、やはり、僕も含め、そうした患者に対しての総合的な支援が必要なんだと僕は思います。

確かに、甘えてるとか働くのが嫌やから痛い痛いって言ってるんやろ!とかの批判もあるのは事実です。でも、そんな事を気にしていたら先に進めないので、何とか公費で足りない分は、在宅で収入を得て欲しいです。もちろん厚労省もそうした在宅ワークの推進を実施していますが、どうも、ジリヒンになっているようです。民間では斡旋が多い在宅ワークですが、何故国ができないのかが不思議なのですが、引き続き積極的に障害者や難病患者に生きる糧を与えて欲しいと思います。

僕も実際、ハローワークや障害者職業センターに通っていますが、線維筋痛症は常に体が痛く、また発作的に激痛が走るなど時間が読めず、また、精神疾患を抱えていたら、なかなか採用は難しいといわれています。何のための障害者雇用枠なの?と言いたい所ですが、それはそれとして、何とか在宅での仕事斡旋に力を入れて欲しいと思います。ちなみにハローワークでは在宅ワークの紹介は無いようです。

まぁ、医療の進歩で症状が緩和する、または、治るなどの希望や要望は常にありますが、それと同時に収入面もインフラ整備をして欲しいですね。

患者の皆様と話していての率直な感想です。










posted by toppixi at 10:06| 奈良 ☀| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク