2014年02月14日

ながら歩き!絶対許せん!!!(ってお前が言うなってかんじですかぁ〜???)

深夜3時、僕は一体何をしているんだろう。ここ最近、すごく生活リズムが狂ってる。。。これも睡眠障害なのか。。。なんなのか。。。昼間はめまいがする程、リリカ・トラムセットの効き目がすごいのに(痛みはとれないよ〜ん・・・製薬会社への皮肉・・・)、夜は朝方になるまで全然眠たくならなくなってきた。。。これは非常にやばすぎる!!!寝る恐怖。。。お医者さん達は、身体ストレス(=痛み)の原因は睡眠の質にあるという事で、良質の睡眠を引き出すように薬を処方しているはずなのに。。。薬では補えない、何があるのか???不安・失望・・・一体何なんだろう???

って言いながら、病気を楽しんでま〜す!(苦笑)確かに朝起きるのが怖くなってきてるけど、それはもう仕方がないし、睡眠障害が出ているのも仕方がない。病気だから。。。朝起きると痛い。痛いから眠れない。どっちもあるし、きつい時はもちろん落ち込むけど、それで、人生を断絶するつもりもないので、まぁ、「しゃーない!」ホント気持ちに波がありますねぇ〜(苦笑)でも、みなさんは、笑ってみてくださいね!こっちが落ち込んでるときに、皆さんも何か暗い気持ちになったら、「ト・モ・ダ・オ・レ・・・トモダオレ」あ〜!!!誰かバカにしてるでしょう!ってバカだから「しゃーない!」

まぁ、ホントにバカな事を言っていますが、ちょい真面目な話。。。

今日、鍼治療の帰りです。。。田舎線の終着駅の京都駅での出来事です。僕も悪いのでしょう。でも。。。
それは、「ながら歩き!」そうです。スマホです!田舎線といえども、京都市内に入った途端、乗客が増えてきます。そんな中で、皆さん目指すは終着駅の京都駅なんです。で、その京都駅で電車から降りるとき、できるだけ皆さんの邪魔にならないように、最後の方に降りる事にしています。僕は杖突きですから。。。それでも、後ろからの人波が押し寄せてきます。もちろん僕は、めまい・横揺れが酷いので、線路際は危険で、できるだけ壁側の端っこを歩くようにしています。そしてこの端っこを歩くという事は、障害を持ってる(手帳を持てない見えない障害者ですね。。。国への皮肉です(笑))からこそのモラルというか、できるだけ他人にも迷惑がかからないようにしている意味も含めての行為でもあるんです。それなのに!!!!!!!!!!!!!!!どこの高校生か知らないけど、後ろからぶつかってきて、僕はこけました!足が痛く筋肉がパンパンに張ってると言うか、スジが伸びていると言うか、電気が走っていると言うか、そして足首も痛いし。。。そんな状態なので、ぶつかってこられれば、こけるのは当たり前です!でしょ???杖突きの皆様???で、その高校生は何も言わず去っていき、しかもスマホを見ていた!そうです。スマホのながら歩きをしていたお陰で、杖を突いている僕に気がつかなかったのでしょう。もちろん僕はスピードも人より何倍も遅いし、目に入ってなかったら、ぶつかるのは当たり前で。。。そして、瞬間に出てしまいましたぁ〜「こらぁ〜!まてぇ〜!」と。。。こういう時、色んな事を考えてしまいます。これが、災害時だったらどうなるんだろう。。。これが、階段だったらどうなるんだろう。。。まぁ、そんな事が「こらぁ〜!まてぇ〜!」という言葉と同時に頭を駆け巡りました。結局、その高校生は人ごみに紛れるように消えていったのですが、それに増してまだまだ続きがあります!誰も助けてくれない!だれもその高校生を呼び止めてくれない!それより、転んでる僕を避けるようにして歩いていく!!!まぁ、こんな世の中に生きている僕達の病気は、100年経っても、1000年経っても治らない!!!怒りで鍼を刺したところから血が噴出しそうでした!まぁ、でもこれが現実なんですよねぇ〜。このブログに興味を持って頂いている方々は、決してそんな人達ではないと信じておりますが、ホントに今の日本はどうなっているんでしょう。

でも、自分でよく考えてみました。そうです。過去の自分も同じ事をしているのです。ながら運転、ながら歩き。。。ながら運転(通話)は、営業マン時代に福岡の事務所内では有名なくらいしていました。だから、福岡の同僚はお前が言うな!って思ってますかね?(苦笑)最後の方はほぼしてませんでしたが。。。まぁ、こういう立場になって初めて、過去の自分に気付かされる事が多くて、本当に反省だらけです。まぁ、今は、それに対する罰を受けているのでしょう。だから、やはり、人に対する思いやりや、助け、そして、共有・共存。。。非常に大切なんだと思います。自分が悪い事とまでは言いませんが、何かをやらかしてしまった事は、その場は逃げられても、必ず後から自分に戻ってくる。逆に良い事をした時もそれが言えるでしょう。人は決して一人で生きてる訳ではありません。家族がいて、仲間がいて、そして他人がいるのです。それぞれが思いやりを持てば、本当に平和な世の中になり、本当に幸せになれると思います。でも、人それぞれ性格・人格・人望・人徳・・・違って当たり前で、それが個性として現れています。でも、その個性はどうせなら良い方向へと導ける個性を持ちたいです。

まぁ、今回の件で、ちょうどタイミングが良いのですが、今僕達の病気である線維筋痛症仲間でヘルプカードを作ろう!と盛り上がっています。確かに、私は障害者です。または、見えない障害者です。と首からぶら下げるのですから、抵抗がある人もいるかもしれませんが、電車で座れないとき等、本当に辛いのです。僕は、今のところ、とりあえず、譲ってもらえなかった経験は記憶上数回しかないのですが(まぁ、代われ!と言わんばかりの行動をする時も多々ありで。。。)仲間内で話を聞くと、杖を持ってても代わってもらえないという話が、結構出ます。杖を持っていても代わってもらえないのですから、杖を持っていない患者は尚更代わってもらえません。そこでヘルプカードというのが効力を発揮するのでは?という事です。また、災害時の受け入れ態勢など、障害者は保障されていても、手帳を持っていない、見えない障害者は保障されていません。そういう時にもヘルプカード(まぁ、災害時にみんながどこまで余裕があるかわかりませんが。。。)が少しは役に立つのかな?と思います。

今日の出来事と、今、僕達が考えている事柄が近似値であった為、紹介させていただきました。月曜日の国会議員の先生の秘書さんにもこのヘルプカードの話はしてくるつもりです。

で、話は本題に戻りますが、本当に危ないです。障害を持っている持っていないの話ではなく、皆さんでも全然ありえる事だと思います。ですから、どうか、ながら歩きはやめるよう、また、皆さんの知人がしていたら、「それ、やめよ」と優しく、声を掛けてあげて下さいね。

本当は、鍼灸大学の心臓破りの坂の写真をい〜っぱい撮ってきたので、また、先生とも色んな話ができたので、その報告をしたかったのですが、明日に回します。治療結果だけ。。。今日は、寒さもあり、治療としては、失敗と言うよりも、痛み増強!と言わざるを得ない結果となりました(涙)左足だけがちょっとマシかな???でも、先生との話は、僕達にとって収穫のある話だと思いますので、まぁ、ベーチェットの方も含めて楽しみにしておいてくださいね!

では、また。。。
posted by toppixi at 04:26| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク