2014年01月22日

寝坊しちゃいました。。。

今日は、膠原病科・心療内科共に外来でした。6時に起きようと思って、目覚ましをかけていたのですが。。。やっぱり、ぐうたらな生活をしているとダメですねぇ〜。いざ起きなければならない時に起きられなくなっているのかも???まぁ、薬のせいにしときましょう!!!結局、7時に起きちゃいました。目覚ましは、全く記憶になく。。。嫌な夢だけが記憶に。。。そして最終的には、6歳の子供に起こしてもらうはめに(苦笑)なんて情けないお父さんなんだろうと、自分で感心しました(笑)そして、いつもの如く、痛みから始まったのですが、今日はうなっている場合じゃなく、はいつくばって洗面所にいき、事を済ませ、すぐ家を出ました。バス停に着くと早歩きとは言えなくても自分にしては、猛スピード!バス停に着くと背中と太ももの筋が劇的に痛い!!!バスの時間を見ると、10分待ち。。。急がなきゃよかったぁ〜(*-*)立っていられなくて、息を切らしながら、歩道に腰をかけ。。。大学の付属幼稚園(帽子に書いてました)に2人の姉妹がお母さんに連れられて、同じくバス停で待ってて。。。幼稚園の女の子から、変な目で見られちゃいました(苦笑)まぁ、ひげ面(まぁ、マスクをしていたのでひげは見えてないかも???)の杖を持った、もっさいおっさんが、地べたに座っているのだから、無理もないかも。。。決して変質者ではないよ〜って言いたかったくらいで(苦笑)

で、バスが来て、ノンステップバスだったので、助かりました。普通の階段バスならば、たぶん登る事もできなかったし。。。で、今日は特急が時間的に合わなかったので、急行で行きましたが、案の定、座れませんでした。足はガタガタ振るえ、メガネはマスクをしているせいか余計にくもり、そんな状態で、どうしても座りたかったので、やってしまいました!わざと「替われ!」と言わんばかりに、堂々と優先座席に座っている高校生の男の子の前に。。。そしたら、その男の子が座っていたとなりの50代くらいのおば様が、「どうぞ」と席を譲ってくれました。おば様に甘えて替わって貰いましたが、無意識のうちに(?)自分もその男の子みたいな事をしてたんだろうな〜みたいな事を考えながら。。。過去の自分に懺悔です。

で、とりあえず無事に病院の最寄り駅まで着きましたが、今日はどうしても歩けなかったので、駅からタクシーで行きました。1メーター550円だったかな?もったいないけど仕方がない。。。

まぁ、前置きが長くなってしまいましたが、まず、心療内科からの報告です。最近夢を見たり、痛みが強くなってきていることなどを伝えました。先生もいつもながら悩み悩んで、結局以前飲んでいた、安定剤(トリプタノール)を少量再開する事に。。。この薬の副作用は、便秘と口の中のものすごい渇き。先生が、副作用さえコントロールできるならといわれたので、もう便秘も下痢も口の渇きも現状でも充分副作用が出てるので一緒でしょうというと、じゃあ、トリプタノールを少々出しておきますねと言われました。安定剤なのでもちろん眠気もあるようですが、まぁ、今日は、そんなことより、生命保険の診断書と障害者手帳に対しての相談がメインで望みました。が。。。障害者に関して先生はあまり乗り気で無いと言うか何と言うか。。。なんかしっくりこない感じの返事で。。。病名の問題なのかも知れませんが、同僚と相談して次回返事しますとの事でした。。。精神障害者。。。先生から何の為に必要なの?と聞かれました。会社や難病連の話をしましたが、先生の悩んでる顔や、本で調べたりしている姿を見ると、自分も、何なんだろう?って感じで。。。障害者。。。僕、そして家族が生活していくためのお守り???必要なのか不必要なのか???得なのか損なのか???いったい何なんだろう???これも不正受給?不正申請???でも、苦しんでいるのは確かで。線維筋痛症は「うつ」ではないと断言しておきながら、精神障害者。。。どうなんだろう???僕が否定している、あのうつのCMは正しいのか???などなど、色々頭の中で駆け巡り、一瞬にして疲れている体が、更に疲れだし、診察室を出るとめまいが酷く、倒れるように座り込んでしまいました。でも、次の膠原病科の診察もあるし。。。15分だけここで目をつむっておこうと、だれる様にまた、深呼吸をしたりしながら、椅子に座りました。

15分が経ち、気持ちも少しは落ち着いたので、さぁ、膠原病科に向かおう!とエレベーターで3階から2階に降り、受付でお願いしますと一声かけ、そこまで待たずに診察に呼ばれました。まず、挨拶をして、その次に、「先生!痛いです〜!!!」と先生の「どうですか?」の言葉の前に言っちゃいました。先生はにんやり笑われていましたが、その笑顔で何か僕も、ホッとした感じで。。。膠原病科の先生とは何となく意思疎通が取れているというか、安心できるというか。。。で、先日行った鍼治療の事を伝え、合う合わないはわからないけど、これからも行くつもりである事、そして、この2週間の状況を伝えました。まぁ、明治鍼灸大学を紹介してもらったのは、この膠原病科の先生なので、先生も続けて行くつもりになった事が嬉しかったようで、「遠いけど、頑張って下さいね!」と言われました。何か嬉しかったです。
で、本題の血液検査の結果ですが。。。せっかく落ち着いていた炎症反応がまたまた上がっており、今日こそはステロイドを減らそうと思っていたのに、困ったなぁ〜って感じです。痛みもきついので、麻薬のトラムセットをmaxまで増やす事になりましたが、ステロイドを減らしたいと言うと、トラムセットを増やすので、またまたダメと言われ、8mgのままです。たぶん、先生は口には出しませんでしたが、炎症反応が上がり傾向にあるので、ステロイドは減らせないとの判断だったんだと思います。まぁ、炎症反応もいつもながらベーチェットなのか何なのかわからずじまいです。ひょっとしたら、痛みが強いので、線維筋痛症は炎症反応が出ないにしろ、それが原因で、何かに影響を与えてる可能性はあるとは言われてましたが。。。もう、誰もかれもが摩訶不思議な体になってしまったようです(苦笑)

で、今日は、今月病院に3回目なので、特定疾患枠を前回で超えていたので、会計は0円でした。病院から家の近くの薬局に処方箋をfaxで送り、はぁ〜。。。今日は疲れたなぁ〜とちょい休憩。。。時間を見ると12時頃でした。食欲もなく、昼ごはんは抜きで、薬だけを飲みました。そのまま帰ろうかと思いましたが、何となく急にさびしい感じになってしまい。。。定年で退職している元上司から先日、鍼治療の事で応援メールが来ていたので、電話をしました。結構長い時間話してたかな?病気の事・会社の福岡の事務所の事・会社全体の事。。。色々と。。。その元上司もスタンドでの深夜のバイト(ちょうど今してるんじゃないかな???)を頑張ってるみたいで。。。本当に心から尊敬できる人です。まぁ、色々話す中で、考え深い事もたくさん有り、二人で共感しながら話していましたが、そんな事を話しているから病気が治らなかったりして(笑)でも、やはり、性格なんでしょうね。やはり、喜怒哀楽を白くするのは僕には無理のようです(苦笑)じゃあ、一生病気は治らない!そういう意味でもやはり難病!!!所詮僕は悟りを開けない煩悩に振り回されている凡人なんだなぁ〜って。。。

ってな訳で、その後家に着いたのが3時で、よほど疲れていたんでしょうね。。。子供と話をしている途中に寝てしまったようです。。。またまたトラムセットの副作用の意識消失です。なのかな?ただ眠たかっただけ???

まぁ、どちらでもいいですが、相変わらず話が長いですね。こうちゃんをはじめ、読んでいる人達、ごめんなさい!(苦笑)

という訳で、今から意識消失していきま〜す!

では、また。。。


posted by toppixi at 01:51| 奈良 ☔| Comment(4) | 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク