2013年10月08日

○○生命の介護保険申請

今、○○保険を終身で入っているのですが、その中で介護保険が内容の一つにあり、保険の申請中です(金額は内緒・・・笑)。今朝、その○○生命の介護保険申請に対して、調査が入りました。はじめは、医師の診断書付きの申請で終わると聞いていたのですが、矛盾があったのか???はたまた、端から信じられていないのか???一応、名目上の主たる目的としては、病気の経緯・現在の状態の確認と、医師への確認の承諾書。でも、実際どういう生活をして、コップが持てるかとか、家での生活で杖を使っているかとか、申請してる事の粗探しと言うか。。。鋭いプロの目での誘導尋問。。。なかなか手ごわい感じで、あなたに保険金なんて払えませんとの臭いがプンプン。。。医師への確認の承諾書は自筆ですから、腕などの痛みによって、手に力が入らず、超下手くそでもいいですか?と聞くとそれでもいいと。。。普通の字が書けないまま、承諾書にサイン。
まぁ、線筋症はその時によって痛みが違うので、なかなか介護保険は難しいかもしれませんが、とにかく、風呂は嫁に入れてもらってるし、杖を使わないと歩けないし、食事も手の痛みが邪魔をするときは、嫁に食べさせて貰っている。爪切りも嫁がしている。歯磨きは自分ではできず、液体ハミガキを使っている。嘘はついてないし、但し、嫁が言うには大げさだと。。。難しいところで、根性論で頑張ればできます。でも根性論で頑張って病状が悪化すればもっと大変なことになる。そこの判断が、すごく難しく、でも、保険会社側は根性論でもできるのなら、それは出来ることになるようで、バカ正直な自分は。。。ホントに馬鹿です。。。
でも、先ほど、主治医に保険会社から連絡がありますとの話をすれば、大学病院では基本的に保険会社との面談はしていないとの事でした。そうなると、○○生命はどうするのかな?ただ審査が遅れるだけ???審査が遅れれば、保険金が出る?出ない?もはっきりしない。。。生き地獄のようです。まぁ、あまり、当てにしない事がいいのかな?でも意地汚いかもしれませんが、今の状態は、もらえるものはもらいたい。。。それが本音です。10月27日はある方が、情報をくれた、難病連主催の線筋症の講演会と生活相談を嫁と受けに行きます。その時にどうしたら良いのか、自分の不安を一覧にして、抜け目のないように相談したいと思います。

何か、今日は朝から、尋問されているようで、疲れました。。。

ところで、痛みの方は、ちょうど保険会社さんが来た時には激痛・・・それから話をしているうちに少しずつ鈍痛に変わり、いつもの痛さに戻ってきました。良いのか悪いのか。。。

ゆっきぃさん、かっちんさん。心配かけました。
次に、昨日・一昨日のような激痛が起こったときには、ゆっきぃさんの言う通り、迷わず救急車を呼びます。

でも、鈍痛で普通なんて。。。困った体だなぁ〜。。。

posted by toppixi at 18:01| 奈良 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク