2018年01月18日

理不尽。過去を反省。

こんにちは。

痛みと共に心が荒んでいき、それに加え、昨日数字合わせでわからないことが発生したので上司に相談。いつものごとく、他の人に接する態度と僕に対する態度が全く違う。まぁ、それはいつものことだから、特に気にせず話を進める。言葉の端々からめんどくさそうな、また、仕事ができないとレッテル貼をして上から目線での物言い。普段、自分がわからないことがあると、笑顔で誰かに聞いてるくせに。。。ってのは、ホントにいつものことなので、どうでも良い。でも、そんな中でざわざわと話していると、そのわからない事柄に少し関係のあるお局が、僕は全く悪くないのに、内容も理解せず、いきなり理不尽に怒ってきた。顔を真っ赤にしながら、赤鬼みたいに。。。そして、その状況を赤鬼にちゃんと説明すると、「あっそうなん」のひと言。謝りもせず。

作業の流れの中で、なぜこうなるのか?いや、僕はこうであるのが正しいと思うと言っても上司は受け入れない。誰がどう見てもおかしな事なのに。

最終的には、何とか裏を取り、本来ならあり得ない道筋で数字を合わせる。とりあえず問題はそれで解決したけど、ふと、思い出したことがあった。

前職で結構活躍していた(本人の勝手な想像)僕。やっぱり社内にできるできないと言った暗黙の区分けがあった。僕はたまたま運良く活躍できただけなのに。そして、できないとレッテルが貼られた人に対して誰もが冷たく接していた。本人さんも口数が少ない人なので、あまり会話もせず、関わりをあんまり持っていなかった。でも、その人に対し僕もどっかで上から目線をしてたような。まぁ、別に怒ったりする訳ではないけど、打ち合わせなどはその人に対してあんまり良くない接し方をしていた。その人は僕より10歳くらい年上なのに。。。

まぁ、そうしたレッテルを貼られた人は、周りからも避けられ、孤独になりがち。

今、僕がその立場となってしまった。

何をするにしても決めつけで僕を疑ってくる。悪者として扱われている。本当はそうじゃないのに、何の事実も確認せず、全てを投げてくる。

こうした立場に一度ハマれば、蟻地獄のように段々何もかもがうまくいかない。今の体では、この状態から抜け出すことはできない。色んな障壁が目の前に。。。まず、記憶力の低下、副作用で目が回り間違いが多いに加え時間がかかる。また、呂律が回らず、説明や相談、報告等がうまく話せない。

はい。そうです。全ては僕のせいです。僕が病気になるから悪いんです。本当に申し訳ありません。。。

素直に受け入れた方が楽かも。
posted by toppixi at 07:26| 奈良 ☁| 日記(病気) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


難病 ブログランキングへ

スポンサードリンク